二重整形施術を専門医院で受けよう【整形費用と施術スキルを下調べ】

総合的な判断が大切

ドクター

費用以外の注目ポイント

アイプチやアイテープなど、二重は自宅でも簡単に作ることができますが、毎回メイクの度に二重を作るのは大変な負担となります。近年は手頃な費用で二重整形できる美容整形外科クリニックが増えているので、施術を受けて毎日の苦労を軽減しましょう。二重整形には様々な種類がありますが、一般的に行われている施術は切開法と埋没法の2種類です。切開法とは、まぶたに切り込みを入れる手術を行い、二重を作り出す施術を指します。一方、埋没法とは、まぶたを糸で留めることで二重を作りだす施術を指します。どちらの方法を選ぶかで体が受ける負担も違いますし、必要な費用も異なるので、自分の希望する条件と照らし合わせて選択しましょう。費用は美容整形外科クリニックの料金体系や施術内容によって差がありますが、大抵切開法で20万円から30万円、埋没法では5万円から10万円程度必要となるといわれています。脂肪吸引やフェイスリフトなど他の施術も併せて受ける場合には、更に費用が必要となるので注意しましょう。切開法は数十万円という高額な費用が必要となりますが、その代わり一度施術を受ければ、半永久的に理想的な二重ラインを手に入れることができます。誰でも施術を受けることができるので、埋没法が行えなかった場合には切開法に切り替えると良いでしょう。施術費用は決して安くはありませんが、ローンでの支払いができるクリニックが多いので、支払いが難しいという人はクリニックに相談してみると良いでしょう。どうしても費用を抑えたいという場合には、埋没法を試してみて下さい。埋没法は、まぶたを留める箇所数によって料金が異なります。一箇所であれば両目で1万円という安さで施術を行っているクリニックもありますが、大抵どのクリニックでも3、4箇所留めても10万円以内での施術が可能です。まぶたの厚みや希望する二重の幅など、人によって何箇所留める必要があるかは異なるので、カウンセリングの段階で医師にみてもらいましょう。埋没法は費用が安いというだけでなく、二重の仕上がりが気に入らなければ元に戻せるという点も魅力です。また、ダウンタイムも少ないので、仕事や日常生活に支障を来すことはありません。手軽に二重ラインを手に入れたい人には、埋没法がおすすめだといえます。ただし、人によっては、埋没法が適さない場合があります。瞬きの階数が多かったり、元々まぶたに厚みがある場合には埋没法は適さないので、自身に適しているかということも、併せてみてもらうといいでしょう。費用だけでなく、施術全体をみて総合的に判断することが大切だといえます。

Back to Top